本文へ
ここから本文です

植物のストレスに対する応答を調節する3つの新規転写因子を発見

 東京工業大学地球生命研究所の佐々木結子研究員(前 日本学術振興会特別研究員・理化学研究所植物科学研究センター(当時))、理化学研究所環境資源科学研究センターの白須賢グループディレクターらは高等植物のストレス応答を抑制する3つの転写因子を発見しました。モデル植物のシロイヌナズナの遺伝子発現データから、ストレス応答時に重要な働きをすると考えられる3つの転写因子を見出し、それらの機能が失われた植物体は過剰なストレス応答を示すことを明らかにしました。
 これら3つの転写因子はいずれも、一度ONになったストレス応答性遺伝子の発現を適切なタイミングでOFFにする働きを担っており、植物の通常の生育とストレス応答の両立のために重要であると考えられます。今回明らかになった転写因子を、詳細に解析することで、高等植物のストレス応答を適切に調節する仕組みの全容が分子レベルで明らかになることが期待されます。
 高等植物は、外部環境の変化や外敵からもたらされるストレスに適応するために必要な遺伝子のONとOFFを転写因子などの作用により巧みに制御していますが、これまでにストレス応答をOFFにする転写因子については知られていませんでした。
 この研究は東京工業大学バイオ研究基盤支援総合センター・太田啓之教授と増田真二准教授、東北大学大学院情報科学研究科・大林武准教授、理化学研究所環境資源科学研究センター・神谷勇治コーディネーターらと共同で行いました。研究成果は米国科学雑誌「Plant Physiology(プラント・フィジオロジー)」September 2013, 163(1)に掲載されます。同電子版は2013年7月12日から公開されています。

 

詳細(プレスリリース本文)PDF

 

 

[問合せ先]
東北大学大学院情報科学研究科
准教授 大林武
TEL: 022-795-7161
Email: obayashi*ecei.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

このページの先頭へ