本文へ
ここから本文です

東北発 素材技術先導プロジェクト(超低損失磁心材料技術領域)第2回 地域連携 研究フォーラムの開催について(10/28開催)

 国立大学法人東北大学(以下「東北大学」、総長:里見 進)は、文部科学省の産学官協働による素材技術研究開発拠点形成事業である「東北発素材技術先導プロジェクト」を平成24年6月から開始し、本プロジェクトの「超低損失磁心材料技術領域」(研究代表者:東北大学金属材料研究所教授 牧野彰宏)では、トランスやモータ等の磁心における電力損失を大幅に低減する新ナノ結晶軟磁性材料の研究開発を行っています。

 本拠点は、東北素材産業の発展を牽引し東北の新産業創出・産業集積に資することを目指しており、地域連携の一環として「研究フォーラム」を開催しています。第1回目の研究フォーラムでは、磁心材料の市場動向に関する公開セミナー等を実施し、地域企業・研究機関・自治体の大勢の皆様に参加いただきました。今般、地域の皆様に広く本研究をご理解・ご支援いただくため、第2回目の研究フォーラムを開催いたしますので、皆様のご参加をお願い申し上げます。

 

詳細(プレスリリース本文)PDF

 

[問合せ先]
東北大学金属材料研究所
東北発 素材技術先導プロジェクト 超低損失磁心材料技術領域(担当:小林)
Tel:022-215-2827, Fax:022-215-2714
E-mail:nanoc*imr.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

 

このページの先頭へ