本文へ
ここから本文です

原子分子材料科学高等研究機構

原子分子材料科学高等研究機構(Advanced Institute for Materials Research=AIMR)は、文部科学省が平成19年度に開始した「世界トップレベル研究拠点プログラム(World Premier International Research Center Initiative=WPI)」に採択され設立された全国9拠点の1つです。東北大学の強みを活かし、材料科学、物理学、化学、工学、数学の第一線で活躍する研究者が世界中から集まり、最先端の科学技術に基づいた実験研究・理論研究によって、機能発現の機構を解明し、新物質・新材料の創製、デバイス開発を行っています。4つの材料研究グループと数学連携グループで構成されるAIMRは、従来の材料科学に数学的視点を導入し、予見に基づく材料創製を可能とする新学理構築を目指す、他に例を見ない、まったく新しいタイプの材料科学研究所です。世界の材料科学研究を先導する拠点として、材料科学の新たな学理と革新的機能材料を創出し、持続可能社会の形成に貢献します。

学問分野:材料科学
開始年度:平成19年度

このページの先頭へ