本文へ
ここから本文です

東北大学グローバルビジョンの公表にあたって

satomi.jpg

現在、私たちの社会は、グローバル化、少子高齢化の進行、新興国の台頭などによる国際競争の激化などの社会経済状況の変化の中で、地球規模の様々な課題に直面しています。また、東日本大震災における未曾有の被害や原発事故などを目の当たりにし、従来とは異なる新たな社会の在り方を模索し、その実現の道筋を明らかにすることが急務となっています。

国立大学法人東北大学は、これまで一世紀以上の歴史を有する総合大学として、「研究第一」の伝統、「門戸開放」の理念、「実学尊重」の精神を基に、数多くの優れた人材を輩出するとともに、卓越した研究成果を創出して、平和で公正な人類社会の発展に大きく貢献してきました。これらの伝統、理念等は、本学の価値を決定づけるDNA とでも言うべき原点であり、今日においても色褪せることはありません。

「研究第一」の伝統は、真理を探究する研究現場を愚直なまでに重視する東北大学のアイデンティティそのものです。それは取りも直さず、構成員一人ひとりが世界最高水準の研究大学の一員であるという誇りと気概を持ち、日々の研究の実践を通じて未来を担う若者の育成にあたること、そして、そのような真摯な研究教育活動の積み重ねによって、"World-Class University"としての本学の確立を果たすことの宣言にほかなりません。

「実学尊重」の目指すところは、まさに現代的な意味でのイノベーションの実践です。学問の府としての大学は、研究を通して見いだされた知識を社会へ波及させ、私たちを取り巻く困難な課題を克服し、さらには、未来を見据えた大胆な変革を先導するべきです。本学は、未曾有の大災害からの復興と新生の直中にあって、今まさに「実学尊重」の真価が問われる局面を迎えています。

「門戸開放」という言葉を聞くとき、私たちは、大学が多様な価値観やバックグラウンドの人材を受け入れる場であることを思い起こします。そのような場で、学生・教職員など一人ひとりが、自身の個性と能力を思う存分に開花させ、絶えず成長していく環境を整えるべきです。総長のリーダーシップの役割は、そのような「人が集い、学び、創造する、世界に開かれた知の共同体」を形成するための環境づくりに尽きると言っても過言ではありません。

vision01.jpg

東北大学グローバルビジョン」は、本学の建学の精神と使命を再認識することを起点として、国内外の動向を展望し、本学の強み・特色・社会的役割(ミッション)を踏まえた機能強化の方向を見極めて、私の任期中(2013年~2017年)において目指す本学の姿とその実現の柱となる重要戦略・主要施策を示したものです。その策定の経緯について、ここで簡単に述べておきたいと思います。

2012年4月の総長就任の際、私は6年間の任期中の目標として「ワールドクラスへの飛躍」と「復興・新生の先導」の2つを掲げました。2013年8月には、この2つの目標を達成する具体的な道筋を明らかにするために「里見ビジョン」を公表しました。本学のあるべき姿を示す7つのビジョンとそれを実現するための施策・工程を明確にしたものです。もとよりこれを確実に実行していくためには、総長のリーダーシップによる取組だけでは不十分です。本学を構成する高度で多様性に富む部局組織の力を結集し、大学全体として将来へ向けた取組を推進していくことが不可欠です。

このたび公表する「東北大学グローバルビジョン」の目的は、全学的観点から策定された「里見ビジョン」とあわせて、各部局で取りまとめられた「部局ビジョン」(部局のミッション、機能強化に向けた取組方針、重点戦略・展開施策)を一体的に提示することにあります。「部局ビジョン」では、部局ごとのミッションを踏まえた多彩な教育・研究・社会連携活動の最前線における目標が具体的に語られています。また、その目標を達成するために、今、そしてこれから取り組むべきことが決意を持って示されています。

今日、大学におけるグローバル人材の育成やイノベーション機能の強化に向けて、大学改革の主体的実行が求められています。それは、国民や社会の大学に対する強い期待のあらわれでもあります。東北大学は、この「東北大学グローバルビジョン」を社会に提示し、それを着実に実行して機能強化を一層推進していく決意を、改めて明らかにしたいと思います。

2014年5月  東北大学総長  里見 進


ダウンロード

このページの先頭へ