本文へ
ここから本文です

UCL(ユニバーシティカレッジロンドン)学長一行が本学を訪問

2017年9月29日(金)、本学の大学間学術協定校であるUCL (ユニバーシティカレッジロンドン)から、Michael Arthur学長を代表とする一行が本学を訪れ、里見進総長を表敬訪問しました。

懇談では、里見総長からの歓迎の挨拶に続き、植木俊哉理事が本学の紹介を行ったほか、面談に同席した両大学の教授らが専門分野について紹介を行い、理解を深めました。

里見総長との面談後には、災害科学国際研究所、東北メディカル・メガバンク機構を訪問し、研究紹介をご覧いただきました。

また、UCLのNick Tyler教授による情報科学研究科の桑原雅夫教授の研究室訪問も行われ、双方の研究紹介に次いで、今後の研究、教育交流について、発展的な意見交換が行われました。

今後、UCLと本学は戦略的パートナ―として協力関係を深め、共同研究をはじめ学生や研究者交流の更なる広がりが期待されます。

総長表敬訪問の様子

集合写真

今村文彦所長(災害科学国際研究所)とのディスカッション

山本雅之機構長(東北メディカル・メガバンク機構)から説明を受けるArthur学長

関連記事

問い合わせ先

国際交流課
TEL:022-217-4844

このページの先頭へ