本文へ
ここから本文です

メタルフリーのプロトン型大容量キャパシタの開発に成功

 東北大学多元物質科学研究所の本間格教授、笘居高明助教らの研究グループは、安価な有機分子と炭素材料から成る、水系大容量電気化学キャパシタを開発しました。この安全・安価なメタルフリーのプロトン型大容量キャパシタは、従来、キャパシタデバイスと鉛蓄電池とのハイブリッドシステムによって補われていた、高パワー密度と大容量の両立が必要となる産業用バックアップ電源システムを単一のデバイスで置き換えることが出来、将来的にはスマートグリッド用大規模蓄電システムとしての産業的展開が期待されます。

 

詳細(プレスリリース本文)PDF

 

問い合わせ先

東北大学多元物質科学研究所
教授 本間 格(ホンマ イタル)
Tel:022-217-5815
E-mail:i.honma*tagen.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

このページの先頭へ