本文へ
ここから本文です

植物の枝分かれ制御ホルモン「ストリゴラクトン」が植物でどのように作られるかを解明

 東北大学大学院生命科学研究科の瀬戸義哉助教と山口信次郎教授は大阪府立大学大学院生命環境科学研究科の秋山康紀准教授との共同研究で、植物の枝分かれ制御ホルモン「ストリゴラクトン」の生合成における真の中間物質がカーラクトンであることを突き止めました。この成果により、ストリゴラクトンによる植物の枝分かれ制御機構をさらに詳しく調べることが可能になります。また、枝分かれは最終的に花や種子の数と質に影響を与えることから、農作物やバイオマスなどの増収研究に貢献することが期待されます。

 

詳細(プレスリリース本文)PDF

 

問い合わせ先

東北大学大学院生命科学研究科
担当:教授 山口 信次郎
Tel:022-217-6197
E-mail:shinjiro*m.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

このページの先頭へ