本文へ
ここから本文です

グラフェンデバイス動作時の相対論的量子力学に因り発現する多体効果のナノスケール観察に成功

 東北大学電気通信研究所の吹留博一准教授らは、(公財)高輝度光科学研究センター、東京大学大学院工学研究科、東北大学学際科学フロンティア研究所と共同で、有望な次世代材料であるグラフェンを用いたデバイスの動作時に、相対論的量子力学により顕著に発現する多体効果のナノスケール観察に初めて成功しました。この結果は、基礎的に興味深いだけでなく、実際のデバイス特性において多体効果が重要な因子となり得ることを示唆します。

 

詳細(プレスリリース本文)PDF

 

お問い合わせ先

東北大学電気通信研究所
准教授 吹留 博一
Eメール:fukidome*riec.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

このページの先頭へ