本文へ
ここから本文です

サメの歯の原子構造の可視化に成功-フッ素が歯を強くする原理を解明-東北大・東大・東京医科歯科大の共同研究

 東北大学原子分子材料科学高等研究機構(WPI-AIMR)の幾原雄一教授(東京大学教授併任)と陳春林助手および東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科の高野吉郎教授の共同研究グループは、世界最先端の超高分解能走査透過型電子顕微鏡注を駆使して、生体材料として最高硬度を持つサメの歯の最表面に存在するエナメル質(フッ化アパタイト)の原子構造を、世界に先駆けて可視化することに成功しました。さらにサメの歯の原子構造に基づいて、スーパーコンピューターを用いた計算を行い、エネメル質内部に入り込んだフッ素が強固な化学結合を形成することで、高い機械強度と優れた脱灰性を持った虫歯になり難い構造が自己形成されていることを発見しました。

 

詳細(プレスリリース本文)PDF

 

問い合わせ先

東京大学大学院工学系研究科総合研究機構 教授
東北大学原子分子材料科学高等研究機構 教授
幾原 雄一(イクハラ ユウイチ)
TEL:03-5841-7688
E-mail:ikuhara*sigma.t.u-tokyo.ac.jp(*を@に置き換えてください)

東北大学原子分子材料科学高等研究機構
王 中長(ワン チョンチャン)准教授
斎藤 光浩(サイトウ ミツヒロ)助教
TEL:022-217-5933
E-mail:zcwang*wpi-aimr.tohoku.ac.jp
E-mail: saito*wpi-aimr.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

このページの先頭へ