本文へ
ここから本文です

大腸菌内で機能するナノスケールのハイブリッドエネルギー型回転モーター

 法政大学生命科学部の曽和義幸専任講師は、名古屋大学理学研究科・本間道夫教授、東北大学多元物質科学研究所・石島秋彦教授、オックスフォード大学・リチャード・ベリー博士との共同研究により、自然界では水素イオン流のみをエネルギー源として利用する大腸菌べん毛モーターを、ナトリウムイオン流も同時に利用できる“ハイブリッドエンジン”のように機能させることに成功しました。本研究成果は米国科学誌「米国科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of Sciences)」のオンライン版で2014年2月17日15:00(米国東部時間)に公開されます。

 

詳細(プレスリリース本文)PDF

 

問い合わせ先

東北大学多元物質科学研究科
教授 石島 秋彦(イシジマ アキヒコ)
TEL:022-217-5802
E-mail:ishijima*tagen.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

このページの先頭へ