本文へ
ここから本文です

選択塩化法による電炉ダストからの亜鉛回収法の開発

 東北大学大学院工学研究科金属フロンティア工学専攻の佐藤讓名誉教授、朱鴻民教授らは、電気炉で鉄スクラップを溶解する時に発生する煙灰(電炉ダストと言う)から選択塩化法・溶融塩電解により、亜鉛を効率よく回収する方法を開発しました。

 

詳細(プレスリリース本文)PDF

 

 

問い合わせ先

東北大学大学院工学研究科
名誉教授 佐藤 讓
TEL/FAX: 022-795-5004
E-mail:satoz*material.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

このページの先頭へ