本文へ
ここから本文です

メラノソーム上にタンパク質分子を送り届ける新技術を開発~メラノソームターゲティング(MST)タグの開発~

 東北大学大学院生命科学研究科の石田森衛修士大学院生、荒井沙希修士大学院生、福田光則教授らは、メラノソーム上に人為的にタンパク質分子を送り届ける新技術を開発することに成功しました。
 わたしたちの肌や髪の色の源であるメラニン色素は、メラノソームと呼ばれる特殊な袋(小胞)の中で合成・貯蔵されています。メラノソームにはメラニン合成酵素のような特殊なタンパク質分子が多数存在していますが、これらのタンパク質がどのようなシグナル(配列)によってメラノソームに輸送されているかはこれまで良く分かっていませんでした。
 今回、研究グループはメラノソーム上に局在することが知られているメラノレギュリン分子に着目し、この分子のメラノソームへの局在化に必要な領域を決定し、「メラノソームターゲティングタグ(MST tag, melanosome-targeting tag)」を新規に開発しました。このMST タグを融合させたタンパク質分子をマウスの培養メラノサイトに発現させると、本来メラノソームに局在しない分子を人為的にメラノソームに局在化させることに初めて成功しました。また、この技術の応用例として、アミノ酸変異によりメラノソームに局在化することが出来ないRab27A 分子がメラノソームの輸送障害を引き起こすことに着目し、この変異体 Rab27A にMST タグを融合することによりメラノソームに局在化させ、メラノソームの輸送を回復することにも成功しました。
 今回のメラノソームターゲティング(MST)タグの開発により、メラノソーム上に任意のタンパク質分子を局在化させることが可能となり、メラノソームの形成や輸送の詳細な分子機構の解明、ひいてはそれらの人為的な制御に応用されることが期待されます。
 本研究成果は、米国の科学雑誌『Journal of Biological Chemistry』電子版(2 月28 日付け)に掲載されました。

 

 

詳細(プレスリリース本文)PDF

 

 

問い合わせ先

東北大学大学院生命科学研究科
教授 福田 光則 (ふくだ みつのり)
電話番号:022-795-7731
     022-795-3641
Eメール:nori*m.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

 

このページの先頭へ