本文へ
ここから本文です

縞状X線格子を過冷却液体金属でインプリント成形―X線位相像による医療診断や非破壊製品検査の大視野 ・鮮明撮像に期待―

 国立大学法人東北大学金属材料研究所の加藤秀実准教授、並びに、同大学多元物質科学研究所の矢代航准教授、百生敦教授らの研究グループは、生体画像診断および工業製品の非破壊検査機器への本格的な実用化が期待されるX線タルボ干渉計用のX線格子を、金属ガラスのインプリント技術によって作製することに成功し、実際にこれを用いて樹脂内部を観察できることを証明しました。

 

詳細(プレスリリース本文)PDF  

 

問い合わせ先

東北大学金属材料研究所 非平衡物質工学研究部門
准教授 加藤 秀実(カトウ ヒデミ)
TEL: 022-215-2114 FAX: 022-215-2111
E-mail: hikato*imr.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

東北大学多元物質科学研究所 量子ビーム計測研究分野
准教授 矢代 航(ヤシロ ワタル)
TEL/FAX: 022-217-5394
E-mail: wyashiro*tagen.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

東北大学多元物質科学研究所 量子ビーム計測研究分野 
教授 百生 敦(モモセ アツシ)
TEL: 022-217-5388 FAX: 022-217-5826
E-mail: momose*tagen.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

このページの先頭へ