本文へ
ここから本文です

人が横目でものを見ようとしない理由を発見-横目観察が視覚的な情報処理を妨害している-

 私たちは普段、視野の周辺に存在する対象を見るときに、目だけではなく頭や体をそちらに向けます。ですが、人がなぜ横目で対象を観察せずに頭を対象へ向けるのかは、特に人の視覚的な認識の側面からは分かっていませんでした。今回、東北大学・電気通信研究所の中島亮一産学官連携研究員・塩入諭教授の研究 チームは、横目で対象を見る場合に、視覚的な情報処理が妨害されることを発見しました。この成果は、米国科学誌PLoSONEに掲載されます。

 

詳細(プレスリリース本文)PDF

 

問い合わせ先

東北大学電気通信研究所産学官連携研究員
中島 亮一
Eメール:rnaka*riec.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

このページの先頭へ