本文へ
ここから本文です

大腸菌シグナル伝達タンパク質による生体回転ナノマシーン制御のイメージング

 東北大学多元物質科学研究所の福岡創助教と石島秋彦教授らは、大腸菌の走化性シグナル伝達系において、シグナル伝達を担うタンパク質(CheY)の大腸菌のべん毛モーターへの結合・解離が、モーターの回転方向を制御することを生きた細胞の中で証明しました。本成果は米国科学誌「Science Signaling」に2014年4月1日号に公開されます。

 

詳細(プレスリリース本文)PDF

 

問い合わせ先

東北大学多元物質科学研究所
石島 秋彦 教授
TEL:022-217-5802
E-mail:ishijima*tagen.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

福岡 創 助教
TEL:022-217-5804
E-mail:f-hajime*tagen.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

このページの先頭へ