本文へ
ここから本文です

活性酸素の強力な消去物質を発見~酸化ストレス関連疾患の予防・診断・治療に期待~

 東北大学大学院医学系研究科環境保健医学分野の赤池孝章教授らは、アミノ酸の一種であるシステインに過剰にイオウが結合した活性イオウ物質が体内で生成され、さらにその物質が極めて強力な活性酸素の消去能力を発揮することで、生体内で主要な抗酸化物質として機能していることを発見しました。活性酸素が体内で過剰に働くと、酸化ストレス状態を引き起こして様々な病気が発症することが知られています。今回の成果は、生体内の活性イオウ物質が体内で活性酸素の働きをコントロールする重要な因子であることを解明した画期的な発見であり、今後、酸化ストレスに関連する疾病である、感染・炎症、癌、国民病である動脈硬化症・メタボリックシンドロームなどの生活習慣病のみならず、アルツハイマー病など神経難病の新しい診断法、予防・治療法の確立に大きく貢献するものと期待されます。本研究成果は、2014年4月14日(日本時間4月15日)に、米国学術誌Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America (PNAS)の電子版に掲載されます。

 

詳細(プレスリリース本文)PDF

 

 

問い合わせ先

東北大学大学院医学系研究科 環境保健医学分野
教授 赤池孝章(あかいけ たかあき)
電話番号:022−717−8164
ファックス:022−717−8219
E-メール:takaike*med.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

【報道担当】
東北大学大学院医学系研究科・医学部広報室
稲田 仁(いなだ ひとし)
電話番号:022−717−7891
ファックス:022−717−8171
Eメール:hinada*m.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

このページの先頭へ