本文へ
ここから本文です

蛍光X線ホログラフィー法によりリラクサー強誘電体の局所構造の3次元可視化に成功

 独立行政法人日本原子力研究開発機構の胡雯(Hu Wen)博士研究員、国立大学法人東北大学金属材料研究所の林好一准教授を中心とする研究グループは、公立大学法人広島市立大学、国立大学法人熊本大学との共同研究により、蛍光X線ホログラフィー法を用い、リラクサー強誘電体の局所的な原子配列(構造)を立体的(3次元的)に明らかにすることに初めて成功しました。

 

詳細(プレスリリース本文)PDF

 

問い合わせ先

東北大学金属材料研究所ランダム構造物質学研究部門
准教授 林 好一
TEL:022-215-2078
E-mail:khayashi*imr.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

このページの先頭へ