本文へ
ここから本文です

ロシア・チェリャビンスク隕石から高圧鉱物を発見

 東北大学大学院理学研究科地学専攻の小澤信助教(東北大学グローバル安全学トップリーダー育成プログラム)、宮原正明助教(現:広島大学大学院理学研究科・准教授)、大谷栄治教授(地球惑星物性学分野)は、ロシア科学アカデミーシベリア支部ソボレフ地質学鉱物学研究所、同ウラル支部鉱物学研究所、および、ノボシビルスク州立大学との共同研究として、2013年2月にロシア・チェリャビンスク州に落下した隕石から、天体衝突に伴う超高圧・高温条件の下で生成したヒスイ輝石(NaAlSi2O6)を世界で初めて発見しました。

 

詳細(プレスリリース本文)PDF

 

問い合わせ先

東北大学大学院理学研究科
地学専攻地球惑星物性学研究室
助教 小澤 信
tel:022-795-6687
mail:shin.ozawa*m.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)
教授 大谷 栄治
tel:022-795-6662
mail:ohtani*m.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)
秘書 高橋 陽子
tel:022-795-6662
mail:ytaka*m.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

このページの先頭へ