本文へ
ここから本文です

シドニー大学で海外研修を実施しました

東北大学では、国際的業務の必要性に対する意識の醸成を図るとともに、海外大学における大学職員の役割や働き方に接することで、多角的な視野や考えを身に付けることを目的として、事務職員、技術職員を対象とした海外研修を実施しています。

今年度は豪州・シドニー大学において、11月21日(月)~25日(金)にかけて東北大学職員海外研修(中級者対象)が行われ、本学から事務職員6名、技術職員4名の計10名が参加しました。

本研修では、オーストラリアの高等教育のこれまでの変遷やシドニー大学の各セクションの役割や働き方に接する講義のほか、各職員が日頃から感じている業務上の課題をシドニー大学職員と一緒に共有する個別訪問も行われました。

研修最終日には各人の業務に応じたテーマでプレゼンテーションをする機会が設けられ、インタビュー、講義等で得た知見を研修成果として発表いたしました。講義、個別訪問、プレゼンテーションはすべて英語で行われ、研修参加者は日頃の英語学習の成果についても存分に発揮しました。

また、今回の研修では同様の研修を行っている北海道大学、九州大学、慶応大学と一部のプログラムを共同で行い、各大学の参加者とも交流をはかりました。参加者は5日間、文化や風習が異なるシドニー大学職員と交流を深め、講義やインタビュー等で議論を重ねる中で、互いに刺激し合うことができ、これからの本学の事務の国際化を推進する上で、大変有意義な研修となりました。

The University of Sydney Great Hall 前で撮影

研修会場で撮影

プレゼンテーションの様子

他大学と合同で行われた修了証書授与式後に撮影

問い合わせ先

人事企画課人材育成係
電話:022-217-4825
E-mail:kensyu*grp.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

このページの先頭へ