本文へ
ここから本文です

災害救助犬による人の捜索を遠隔モニタリングするタフなサイバー救助犬スーツの開発

東北大学では、人とロボット技術と救助犬を融合した新しい被災者捜索方法としてサイバー救助犬の研究に取り組んでいます。このたび、悪天候や災害などの過酷な現場で利用可能なタフなサイバー救助犬スーツを東北大学と古野電気株式会社で共同開発しました。

現場に行く部隊の装備を目指し、15kg以上の中型・大型犬が装着することができ、オレンジ色と再帰反射素材で視認性と高め、防水性能を高めたタフなサイバー救助犬スーツを開発しました。東京国際消防防災展2018(5月31日〜6月3日、東京ビッグサイト)でタフなサイバー救助犬スーツを展示いたします。

災害救助犬による人の捜索を遠隔モニタリングする新型サイバー救助犬スーツ

詳細(プレスリリース本文)PDF

問い合わせ先

東北大学未来科学技術共同開発センター
准教授 大野 和則
電話 022(795)7025
e-mail: kazunori*rm.is.tohoku.ac.jp (*を@に置き換えてください)

このページの先頭へ