本文へ
ここから本文です

「かたりつぎ〜朗読と音楽の集い〜」(3/7開催)

このたび、東北大学災害科学国際研究所・大船渡市は、国内外の防災・減災意識向上と震災教訓の伝承を目的に、「東日本大震災アーカイブ 語り部シンポジウム かたりつぎ~朗読と音楽の集い~」を下記のとおり開催いたします。

「かたりつぎ」は、2012年3月から毎年開催し、本年で9回目となります。東北大学アーカイブプロジェクト「みちのく震録伝」で収集した東日本大震災の証言を編集した文章を、俳優の竹下景子さんが音楽とともに朗読します。大船渡市による災害復興への取り組みや、「みちのく震録伝」の取り組みの報告等もあわせて行い、ステージ背景には、加川広重氏(画家)の巨大水彩画「共徳丸と海」を設置します。

開催概要

日時:2020年3月7日(土)14時00分開演(開場13時00分)

会 場:大船渡市市民文化会館リアスホール
(岩手県大船渡市盛町字下舘下18-1)

主 催:大船渡市、東北大学災害科学国際研究所、宮城学院女子大学、かたりつぎ仙台実行委員会、復興支援コンサート実行委員会(神戸)

入場料:無料(要申込み・全席自由)

詳細(プレスリリース本文)PDF

問い合わせ先

かたりつぎ仙台実行委員会(東北大学災害科学国際研究所アーカイブ研究分野内)
担当:かたりつぎ仙台実行委員会 事務局(小野)
電話:3/6まで 090−7663−4102 (事務局)

このページの先頭へ