本文へ
ここから本文です

DIARE/FRIS Joint Workshop「声を届ける回路(Scientists and/as Citizens)」(2/28開催)

ポスター

「自分は研究者だから政治はわからない」が、「政治家や文科省の学術政策は間違っている」という発言が大学人からよく聞かれます。しかし、逆に自分の専門分野について無知な人から、「あなたの研究は間違っている」と発言されたとき、平静を保っていられる研究者はどの程度いるのでしょうか。

大学と学術を取り巻く環境の悪化はとどまる気配を見せません。大学も学術も社会に埋め込まれており、その環境を変える手続きは政治です。しかし現在、大学人の多くは政治を忌避してしまっています。

そこで本会では、講演者にそれぞれの視点から、学術と政治について講演頂き、政治が学術と大学にもたらせること、学術と大学が社会に貢献できることについて理解を深めます。パネルディスカッションでは、研究者と政治、社会と大学をつなぐ回路を機能させるために、われわれにできることを議論します。

どなたでも参加できます、皆さまのお越しをお待ちしております。

開催概要

日時:2020年2月28日(金)13:30~18:45

会場:東北大学 学際科学フロンティア研究所 1階 大セミナー室

講演:大草 芳江(NPO法人natural science理事)
「知的好奇心がもたらす心豊かな社会の創造にむけて ~科学・技術教育の実践と今後の活動方針~」
標葉 隆⾺(成城大学文芸学部准教授)
「科学技術・学術研究の社会的基盤と科学技術政策」
川口 康平(香港科技大学ビジネススクール Assistant Professor)
「大学改革の『失敗』?:どう検証すればよいのか」

主催:学位プログラム推進機構学際高等研究教育院(DIARE)

共催:学際科学フロンティア研究所(FRIS)

申込方法:参加を希望される方は申込フォーム外部サイトへよりご登録ください。

問い合わせ先

学際科学フロンティア研究所 企画部
當真、橋本
kikaku*fris.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

このページの先頭へ