本文へ
ここから本文です

東北大学では、東日本大震災の教訓を踏まえ防災、減災についての様々な取組みを「減災教育事業」として行っておりますが、その取組みのひとつとして平成26年度より、「減災ポケット「結」プロジェクト」を実施しております。

このプロジェクトは、震災の経験を風化させず次世代へ語り継いでもらうことや、いざという時の対応力を高めることを目的としており、減災についての知識を深めるためのツールとして開発した「減災ポケット『結』(ハンカチ)」を、小学5年生を対象に教材として配付し、これを活用した出前授業を展開しております。

グループワークの様子

減災まちがいさがし

減災スタンプラリー

訪問校

平成27年度

宮城県 19校

福島県 7校

平成26年度

宮城県 70校

プロジェクトメンバー

  • 今村文彦(いまむら ふみひこ)教授
    東北大学災害科学国際研究所所長
  • 佐藤 健(さとう たけし) 教授
    東北大学災害科学国際研究所 情報管理社会連携部門 災害復興実践学分野
  • 邑本俊亮(むらもと としあき)教授
    東北大学災害科学国際研究所 人間社会対応研究部門 災害情報認知研究分野
  • 桜井愛子(さくらい あいこ) 准教授
    東北大学災害科学国際研究所 情報管理・社会連携部門 災害復興実践学分野
  • 保田真理(やすだ まり) 助手
    東北大学災害科学国際研究所 災害リスク研究部門 津波工学研究分野
  • 阿部 恒之(あべ つねゆき) 教授
    東北大学大学院 文学研究科 心理学講座
  • 杉浦元亮(すぎうら もとあき) 准教授
    東北大学加齢医学研究所/東北大学災害科学国際研究所
  • 東北大学総務企画部広広報課社会連携推進室

問い合わせ先

東北大学総務企画部広報課社会連携推進室
TEL:022-217-5132
E- Mail:social*grp.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

このページの先頭へ