本文へ
ここから本文です

【TOHOKU University Researcher in Focus】Vol.025 統合日本学センターの船出

本学の注目すべき研究者のこれまでの研究活動や最新の情報を紹介します。

東北大学統合日本学センター 副センター長・デジタルアーカイブ研究ユニット長
加藤 諭 准教授(史料館) 東北大学統合日本学センター 研究・国際展開ユニット長
クレイグ・クリストファー 准教授(大学院文学研究科)

左から|クレイグ クリストファー 准教授、加藤 諭 准教授

2023年10月、東北大学に統合日本学センターが新設されました。その構想と目標を加藤さんとクレイグさんに伺いました。

東北大学にはすでに、大学院文学研究科の日本学専攻と大学院国際文化研究科の国際日本研究講座に加え、教育プログラムとして日本学国際共同大学院(Researcher in Focus Vol.004参照)、研究クラスターとして日本学国際研究クラスター、国際的な日本学のネットワークとして支倉リーグという取り組みがありました。そこでは国際的に活躍できる研究者の養成、新たな日本学の構築に向けた研究の蓄積、そしてそれをグローバルに展開するためのネットワークの構築を目指してきました。

統合日本学センターは、これまで東北大学が築いてきた実績の上に、従来からの人文学研究のみならず、データ駆動型研究の知見や方法論を統合することで、日本学の枠組みを大きく拡張し、世界的な研究ネットワークの構築を目指します。そのために、学内に個別に収蔵されている様々な学術資源のコンテンツをデジタル化して公開するためのプラットフォームとして、東北大学で立ち上げる、総合知デジタルアーカイブと連携します。これはまさに、文系の知と理系の知を融合させる総合知の構築といえるでしょう。

新たな日本学の構築

日本学とは、イコール日本研究ではありません。日本における従来の「日本研究」は、特定の関心事に関する緻密な深掘り型の実証研究が主で、ある分野の権威になることがゴールでした。それに対して、海外では新しい方法論や概念を設定したうえで行う独創的なアプローチが重視されます。これでは国際的な連携は成り立ちません。あるいは、国際的視点に立った日本学といえばエリア・スタディーズ(地域研究)の1つという位置づけで、視野が狭く、学際性が薄かったこともありました。

カナダ出身のクレイグさんは、若い頃にワーキングホリデイで仙台に1年間滞在した経験と、歴史に興味があったことから大学で日本の近代史を専攻し、現在は宮城県北部の農村の歴史を研究テーマの1つにしています。

そのクレイグさんによれば、日本学をめぐるそうした膠着状態を打開すべく、新しい日本学の構築が5年ほど前から始まったそうです。たとえば1つの切り口が「The Long 1960s (長い60年代)」です。これは、1955年から1975年の間に世界各地で起こった社会変革がその後の歴史にどのような影響を与えたかを探る学際的な研究テーマです。日本学にもこの視点を取り入れる動きが始まっています。その当時の社会運動を物語る公開資料のデジタル化が内外ですでに始まっているといいます。たとえば当時の社会状況がよく似ているイタリアと日本で、相互の研究成果を持ち寄り比較検討することで国際的な共同研究が成立します。

加藤さんは、総合知デジタルアーカイブの構築を主導しています。加藤さんによれば、大学附属図書館には狩野文庫や漱石文庫のデータベースがすでに存在していますが、海外の研究者も活用できる国際標準の仕様に整えて公開する必要があるそうです。あるいは、デルゲ版チベット大蔵経を始めとする貴重な仏典を多数収蔵していますが、デジタル化は進んでいません。さらには、工学系の技術史として貴重な資料も、関係部局の保管庫に眠ったままの状態です。加藤さんは、革新的なデジタル技術やAI(人工知能)の技術を活用し、点在する学術資料の大型デジタルアーカイブを構築して公開することで、データ駆動型研究と人文学研究の統合が、グローバルな規模で展開されていくはずだと期待しています。

目指すは人文知の統合

国際プラットフォームである支倉リーグには、2023年現在、18カ国30の大学が参加しており、なおも拡大中です。このネットワークを活用し、これまでシンポジウムや国際会議、国際ワークショップを展開してきました。その支倉シンポジウムでは、「ふるさと」「世直し」「奈落」などといったテーマが取り上げられてきました。この点でも、東北大学が志向する「日本学」が既成概念に囚われていないことがわかります。このようなテーマ設定をすることで、日本研究をしていない海外の研究者や国内の分野外の多様な研究者の招請が可能となります。そもそも東北大学では、日本学をオール文系で推進してきた経緯もあります。

統合日本学センターでは、海外からも日本研究の若手及び中堅の研究者を招聘し、将来的には10~15名の専任研究者が常駐する予定です。国際アドバイザリーボードには海外のトップクラスの研究者の参加が見込まれています。また、研究成果を広く公表するための国際誌や書籍を、海外の大学出版局から発行する計画もあります。

人文学は今、新たな使命を帯びつつあります。世界を襲った新型コロナウイルス感染症パンデミックは、様々な問題を投げかけました。社会のグローバル化、情報化が進む中で、逆に人間性や個々人のアイデンティティが問い直されています。科学知が生み出したこのような状況に、これまで築かれてきた人文知はどう答えるのか。反科学でもなく、反知性でもない新しい総合知が求められています。統合日本学センターは、この問題意識に対応するための研究拠点でもあるのです。

2022年9月30日開催の支倉サミット

2022年10月2日支倉サミット参加者による岩手県平泉への研修旅行

関連リンク

問い合わせ先

東北大学総務企画部広報室
Email:koho*grp.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

このページの先頭へ