本文へ
ここから本文です

授業実施ポリシー(方針)

これまで実施してきた授業形態(対面型・オンライン型)に加え、各授業科目で学修する内容・特性に合わせ、キャンパスで行う対面授業とオンライン授業を効果的に併用した授業を実施していきます。

(実施例)

  • 対面授業の内容を収録し、オンデマンドで配信する。
  • 学習支援システム等によるオンライン授業の後に、演習(問題演習、プレゼンテーション演習、総合討議など)を行う対面授業を組み合せた授業。
  • 対面授業の講義映像をリアルタイムでTAが配置された複数の教室へ配信しながら行われる同時授業。
  • オンラインツールを活用して速やかに学生からの質問に対応しながら授業を実施することで、離れたキャンパスでも受講が可能となる授業。

対面で実施することで高い教育効果が得られる授業(実験・実習科目や少人数ゼミ形式授業)においても、ガイダンスや注意事項の説明等にオンライン授業を取り入れていきます。

キャンパス内でオンラインにより実施される授業を受講できるように、キャンパスWi-Fiの増強や、授業が行われない空き教室の開放を行っています。

各授業科目でどのように授業が実施されるかは、シラバス(授業計画)に記載されます。

新型コロナウイルス感染拡大防止のための対応

対面授業の実施に際しては、感染を防止する対応(マスク着用、消毒液配置、1m以上の座席間隔確保など)のほか、体調不良者の出席停止や欠席者への配慮対応を行いながら実施します。

(実施例)

  • 対面による授業を実施する際に、履修者を幾つかのグループに分け、授業へ出席する者・オンライン受講する者を交互に指示しながら授業を実施。
  • 広い教室の利用が可能である場合は、教室変更して広い教室を利用して授業を実施。
  • 教室換気を適切に行うほか、教員もマスクやフェイスシールドなどを着用して授業を実施。

継続的に授業を提供していくため、感染拡大状況によっては全面オンライン授業に移行できる体制を準備します。

参考1

新型コロナウイルス感染拡大防止のための東北大学の行動指針(BCP)【2020.9.8改訂】<抜粋>

BCPレベル1における授業実施の取扱い・対応ガイドライン(対象:令和2年度第2学期以降開講授業)<2020.7.21>PDF

参考2

2020年6月実施「全学オンライン授業アンケート」

全学オンライン授業アンケート結果概要PDF

問い合わせ先

東北大学 教育・学生支援部教務課
TEL:022-795-3924

このページの先頭へ