本文へ
ここから本文です

魯迅の階段教室(内部)

片平キャンパスには、仙台医学専門学校の講義室が現在も残されています。 この建物は、「近代中国の父」といわれる文豪魯迅が学んだ場所、「魯迅の階段教室」として広く知られています。 1904年の建築後、改修・移築を経ながらも、今なお彼が留学していた頃の面影を残す歴史的な佇まいを見せています。

これまで中国から多数の方々がここを訪れ、教室内の黒板に思い思いの言葉を書き記しています。なかでも1998年11月29日に江沢民国家主席が来学視察されたことは、大変印象深いものとなりました。 江沢民国家主席は、魯迅がよく座っていたとされる席に座り、感慨深げに魯迅を偲んでおられました。

魯迅と東北大学PDFで、詳細をご覧いただけます。)

見学申し込みについて

魯迅の階段教室(外観)

アクセス

〒980-8577 仙台市青葉区片平二丁目1-1 東北大学片平キャンパス

※青葉通一番町駅(仙台市地下鉄東西線)南1口より徒歩約10分
仙台駅(JR) 西口より徒歩約15分

問い合わせ先

総務企画部 広報課(分室
電話:022-217-6090
FAX:022-217-6291
E-mail:koho*grp.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

このページの先頭へ