本文へ
ここから本文です

【※延期】東日本大震災アーカイブ 語り部シンポジウム かたりつぎ~朗読と音楽の集い~(2/26開催)

このたび、東北大学災害科学国際研究所・大船渡市は、国内外の防災・減災意識向上と震災教訓の伝承を目的に、「東日本大震災アーカイブ 語り部シンポジウム かたりつぎ~朗読と音楽の集い~」を下記のとおり開催いたします。

「かたりつぎ」は、2012年3月から毎年開催し、本年で11回目となります。東北大学アーカイブプロジェクト「みちのく震録伝」で収集した東日本大震災の証言を編集した文章を、俳優の竹下景子さんが音楽とともに朗読します。多くの方に実際の体験が語り継がれ、今後の防災・減災教育につなげることを目的としています。学識者による「みちのく震録伝」の取り組みの報告も行います。

※現在の新型コロナウイルスの感染拡大状況を踏まえ、検討を重ねました結果、開催を延期させていただく事といたしました。イベントを楽しみにされていたお客様にご迷惑をおかけすることをお詫び申し上げるとともに、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

※現時点での振替開催日程は調整中となっております。
開催日時はHPなどであらためて発表させていただきますほか、
観覧をお申込みされたお客様には、直接振替日程のご連絡を差し上げます。

開催概要

日時:2022年2月26日(土)
   開場 13時20分
   開演 14時
   終演 15時30分(90分)

会場:大船渡市立三陸公民館大ホール
   〒022-0101 大船渡市三陸町越喜来字前田36-1
   *客席数:334席(コロナ感染状況により50%に制限することがあります)

主催・共催:東北大学災害科学国際研究所・大船渡市

後援:宮城県、岩手県、東海新報社、岩手日報社、NHK盛岡放送局、河北新報社、
   岩手朝日テレビ、テレビ岩手、毎日新聞盛岡支局、岩手めんこいテレビ、
   読売新聞盛岡支局、朝日新聞盛岡総局

協賛:積水ハウス(株)、凸版印刷(株)、日本総合システム(株)

入場料:無料(全席自由・要申込み)

申込方法:郵便往復ハガキによる応募(応募多数の場合は抽選)
     詳しくは下記詳細リンク先またはポスターをご覧ください。

申込締切:2022年1月31日(月) 消印有効

問い合わせ先

東北大学災害科学国際研究所
災害人文社会研究部門
災害文化アーカイブ研究分野
担当:柴山・小野
電話:022-752-2099 (研究室)
   090-7663-4102 (小野)

sdgs_logo

sdgs04 sdgs11

東北大学は持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています

このページの先頭へ