本文へ
ここから本文です

一般市民を対象に、本学の研究者がサイエンスについて分かりやすく解説する、読売新聞との共同プロジェクトです。市民の方々の関心の高いテーマを選定し、東北大学を会場に、毎年開催しています。

人工知能(AI)が切り拓く未来~持続可能で心豊かな社会へのアプローチ~

ポスター

日時

2017年12月17日(日)13:00~16:00[開場12:30]

会場

東北大学川内北キャンパス
マルチメディア教育研究棟2階マルチメディアホール

講演

《基調講演》東北大学の取組み~持続可能で心豊かな社会を目指して~
東北大学副学長(研究力強化担当) 金井 浩

人工知能の現在と未来
東北大学大学院情報科学研究科教授 乾 健太郎

人にやさしい個別化医療
東北大学加齢医学研究所教授、東北大学病院副病院長、がんセンター長、個別化医療センター長、化学療法センター長、腫瘍内科長 石岡 千加史

天気予報の科学史
東北大学大学院理学研究科教授(日本気象学会理事長) 岩崎 俊樹

人工知能と宇宙天気予報
東北大学大学院理学研究科教授、惑星プラズマ・大気研究センター長 小原 隆博

人工知能を備えたロボットは家族の一員になれるか?
東北大学大学院文学研究科副研究科長 佐藤 嘉倫

火山噴火の謎に迫る~巨大地震と東北の噴火予知~

ポスター

日時

2016年9月3日(土)

会場

東北大学文科系総合講義棟 2F

講演

巨大地震は噴火を誘発させるのか?
東北大学大学院理学研究科教授 西村 太志

東北地方の火山は今
東北大学大学院理学研究科附属地震・噴火予知研究観測センター教授 三浦 哲

噴火がもたらす気候への影響
東北大学大学院理学研究科長 早坂 忠裕

記憶のしくみと心のなりたち ノーベル賞受賞利根川進氏特別講演

ポスター

日時

2015年9月27日(日)

会場

東北大学百周年記念会館 川内萩ホール

プログラム

うれしい出来事はなぜ忘れないのか
東北大学包括的脳科学研究・教育推進センター長 飯島 敏夫

海馬は一生神経細胞を作り続ける
東北大学大学院医学系研究科教授、創生応用医学研究センター長 大隅 典子

辛い記憶とどう向き合うか
東北大学災害科学国際研究所災害精神医学分野教授 富田 博秋

記憶のしくみと心のなりたち
ノーベル賞受賞後のチャレンジ マサチューセッツ工科大学教授  利根川 進

高校生と大学生が利根川進教授を囲むディスカッション

医学と工学が融合して新しい未来をつくる~医療の最前線から~

ポスター

日時

2015年1月31日(土)

会場

東北大学 片平さくらホール

プログラム

医学と工学で未来を切り開く
東北大学大学院医工学研究科長 出江 紳一

触覚センサーが医療を変える
東北大学大学院医工学研究科、工学研究科教授 田中 真美

小さい機械だからできるスゴいこと
東北大学大学院医工学研究科、工学研究科教授 芳賀 洋一

ここまでわかった認知症~予防とケア~

ポスター

日時

2014年1月29日(水)

会場

仙台市福祉プラザ 2階 ふれあいホール(青葉区五橋2-12-2)

プログラム

認知症の医療介護連携:早期発見から長期ケアまで
東北大学大学院医学系研究科高齢者高次脳医学教授 目黒 謙一

脳卒中の予防と脳健診
東北大学非常勤講師(NPO法人画像医学と脳健診診療所長) 木之村 重男

認知症ケアの知好楽~ご本人とご家族の"心"の支援~
東北大学非常勤講師(いずみの杜診療所医師) 山崎 英樹

問い合わせ先

東北大学総務企画部広報課社会連携推進室
TEL:022-217-5132
E-mail:social*grp.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

このページの先頭へ