本文へ
ここから本文です

文部科学省が行っている「国公私立大学を通じた大学教育改革の支援」の各プログラム等に、本学での以下の取組が採択されています。

博士課程教育リーディングプログラム

優秀な学生を広く産学官にわたりグローバルに活躍するリーダーへと導くため、専門分野の枠を超えて世界に通用する質の保証された学位プログラムを構築・展開する大学院教育の抜本的改革を支援し、最高学府に相応しい大学院の形成を推進する事業です。

実施年度実施部局プログラム名称内容
平成24年度〜
平成30年度
工学研究科、理学研究科、文学研究科、災害科学国際研究所 等
12部局
グローバル安全学トップリーダー育成プログラム 東日本大震災に代表されるグローバルデザスターから人命・社会・産業を守ることに貢献できるグローバル安全学リーダーをアカデミアのみならず、世界的企業や国際機関などの多様な分野に輩出することを目指します。
平成25年度〜
平成31年度
工学研究科、理学研究科 等
11部局
マルチディメンジョン物質理工学リーダー養成プログラム 多角的な視点や手法で物質・材料を理解し、新しい物質デザイン思想を現実化するだけの広く確かな基礎知識と幅の広い研究経験を有する物質リーダーとして、主に産業界で即戦力として活躍できる人財育成を目指します。

未来医療研究人材養成拠点形成事業

急速に進展する高齢化等に伴う医療課題の解決に貢献し、国内外の医学・医療の発展を強力に推進するため、新規性・独創性の高い特色ある取組を支援します。

実施年度実施部局プログラム名称内容
平成25年度〜
平成29年度
病院 コンダクター型総合診療医の養成 従来、大学病院と地域病院とでそれぞれ独立に行われてきた先端臨床医学教育、実践的総合診療トレーニング、医療マネージメント学習を大学病院と地域病院とが一体で実施し、地域医療に従事しながら医療スキル、医師・研究者キャリアアップを可能にします。

成長分野を支える情報技術人材の育成拠点の形成(enPiT)

情報技術を高度に活用して社会の具体的な課題を解決できる人材の育成機能を強化するため、産学協働の実践教育ネットワーク を形成し、課題解決型学習(PBL)等の実践的な教育を推進し広く全国に普及させることを目的としています。

実施年度実施部局プログラム名称内容
平成28年度~
平成32年度
情報科学研究科 情報セキュリティ分野の実践的人材育成コースの開発・実施 成長分野であり国家的に喫緊の課題であるサイバーセキュリティ分野の人材として、先進技術の知識に加え、理解・応用できる実践的能力の育成を指向して、教育コースを開発し実施します。

本学でも独自に以下の取り組みを行っています。

特色ある教育への取り組み

実践的英語能力をさらに高めることを目的に、学部学生及び大学院学生を対象とした課外授業を実施しています。また、平成25年度より東北大学グローバルリーダー育成プログラムの一つとなり、このコースに参加し修了することでTGLポイントを取得できます。

実施年度実施部局プログラム名称内容
平成17年度〜 高度教養教育・学生支援機構 プラクティカル・イングリッシュコース ネイティブスピーカーを講師とし、ディスカッションやプレゼンテーションを中心に実践の場で必要とされる英語能力取得を目指します。

実践的英語能力をさらに高めることを目的に、学部学生及び大学院学生を対象とした課外授業を実施しています。また、平成25年度より東北大学グローバルリーダー育成プログラムの一つとなり、このコースに参加し修了することでTGLポイントを取得できます。

実施年度実施部局プログラム名称内容
平成19年度〜 学位プログラム推進機構 学際高等研究教育院 修士・博士研究教育院生制度 各研究科等との連携を通じて、異分野の融合領域における新たな研究分野の研究成果を基盤とした教育に関する研究開発、企画及び支援を行うことにより、新たな総合的知を創造し、かつ、国際的に通用する若手研究者の育成を目指します。
このページの先頭へ