本文へ
ここから本文です

総長特別賞受賞者

学術文化の発展に特に顕著な成果を挙げ、かつ、本学の教育研究の発展に多大な功績があった本学在職教職員を表彰するものです。

受賞年月日氏名職名等受賞理由
平成29年
3月24日
遠藤 哲郎 国際集積エレクトロニクス研究開発センター長
工学研究科教授
平成28年8月26日に「高性能不揮発性メモリとその評価・製造装置の開発、及び国際産学連携集積エレクトロニクス研究開発拠点の構築」を対象として、産学官連携活動において、優れた成功事例を納めた研究者等に対して贈られる産学官連携功労者表彰の中で、最高権威である「内閣総理大臣賞」を受賞した。
平成26年
3月26日
山本 雅之 医学系研究科教授
東北メディカル・メガバンク機構長
平成26年3月12日に「生体の環境ストレス応答の分子機構の解明」を受賞題目として、「平成26年日本学士院賞」の受賞が決定したため。
平成25年
3月27日
佐藤 英明 農学研究科 教授 平成25年3月12日に「哺乳動物における卵子形成の制御機構に関する研究」を受賞題目として、「平成25年日本学士院賞」の受賞が決定したため。
平成25年
3月27日
中沢 正隆 電気通信研究所 所長・教授 平成25年3月12日に「エルビウム光ファイバ増幅器の実現とそれを用いた光通信の高度化に関する貢献」を受賞題目として、「平成25年日本学士院賞」の受賞が決定したため。
平成21年
9月25日
中沢 正隆 電気通信研究所 教授 平成21年6月20日に「エルビウム光ファイバ増幅器(EDFA)の開発とその高度化」を対象として、産学官連携活動において、優れた成功事例をおさめた研究者等に対して贈られる産学官連携功労者表彰の中で、最高権威である「内閣総理大臣賞」を受賞したため。
平成21年
3月25日
川人 貞史 法学研究科教授 平成21年3月12日に「選挙制度と政党システム」および「日本の国会制度と政党政治」を受賞題目として、「平成21年日本学士院賞」の受賞が決定したため。
平成19年
3月27日
加藤 康司 工学研究科教授 平成19年3月12日に「摩擦や磨耗、潤滑を包括するトライボロジーの研究」を受賞題目として、「平成19年日本学士院賞」の受賞が決定したため。
平成18年
9月25日
井上 明久 金属材料研究所所長・教授 平成18年6月11日に「革新的金属材料『金属ガラス』を用いた産業用小型・高性能デバイスの開発」を対象として、「内閣総理大臣賞」を受賞したため。
平成18年
7月31日
小柳 光正 工学研究科教授 平成18年6月24日に「材料とデバイス科学技術又は応用への多大な貢献」を対象として、「Jun-ichi Nishizawa Medal」を日本人として初めて受賞したため。
平成18年
3月24日
鈴木 厚人 副学長・理学研究科教授 平成18年3月13日に「反ニュートリノ科学の研究」を受賞題目として、「平成18年日本学士院賞」の受賞が決定したため。
平成17年
11月26日
小谷 元子 理学研究科教授 平成17年5月28日に「離散幾何解析学による結晶格子の研究」を対象として、自然科学の分野で優れた業績を収めた女性科学者に贈られる「第25回猿橋賞」を受賞したため。
平成17年
6月29日
大野 英男 電気通信研究所教授 平成17年6月13日に「半導体ナノ構造による電子の量子制御と強磁性の研究」を対象として、「平成17年日本学士院賞」を受賞したため。

総長教育賞受賞者(平成29年度)

授業やその支援と、課外活動、国際交流等における指導、教育方法及びその支援等について優れた教育上の成果を挙げた教職員を表彰するものです。

氏名職名等受賞理由
渡辺 正夫 生命科学研究科 教授 全学教育「基礎(展開)ゼミ」において,学生の観察・レポートという主体的活動を,webを介してコメント・励ましなどを行うという双方向型の新たな授業形態を構築した。 観察力・文章力養成を目標としたwebベースの双方向の完全公開型授業は 他教員も参考としたい授業形態である。また,学生による授業評価も極めて高い評価を受けている。
吉田 和哉 工学研究科 教授 2010年度より継続してロボティクスに関するサマープログラム(TESP)を開催しており,海外協定校を中心に毎年50名を越える大学院生が世界各国より参加している。 2015年度までの6年間に参加した182名中の10名が,ダブルディグリープログラム,博士後期課程入学等で本学に戻ってくるなど受講学生に大変好評であり,ロボティクス分野の次代を担う世界中の優秀な学生の育成と,国際交流を通した本学の国際的なプレゼンス向上に大きく貢献した。
沼山 恵子 医工学研究科 准教授 社会人技術者に医学・生物学のエッセンスを教授する「医療工学技術者創成のための再教育システム(REDEEM)」の実験・実習実施の総括や工学系出身の大学院生に対する細胞遺伝子工学実習の中核を務めてきた。その実習環境を活用したアウトリーチ活動も積極的に展開し,医工学の啓蒙と次世代人材育成にも大きく貢献した。
東北大学サイエンスカフェ・ワーキンググループ,総務企画部広報課社会連携推進室 2005年から12年間・通算150回,「東北大学サイエンスカフェ」を企画・実施し,学生ボランティア組織の支援とともに,本学研究者の最先端研究の成果を市民とともに語り合い,若い世代に知的感動と大学入学への動機を与えるための最も代表的なアウトリーチ活動として,本学の知名度向上に大きく貢献した。
男女共同参画推進センター主催全学教育科目「ジェンダーと人間社会」関係教員 閉講となっていた全学教育科目「ジェンダーと人間社会」を再開講し,理系・文系分野の複数の講師によるオムニバス形式での独創的な授業内容を構成し,全分野の学生にジェンダーに関わる社会の諸事情について幅広い知見と意識醸成の機会を与えるなど,学生の男女共同参画意識の醸成に大きく貢献した。

総長賞受賞者(平成29年度)

本学の教育目標にかない、かつ、学業成績が特に優秀な学生を表彰するものです。

学士

伊東 香奈江 文学部
田中 淳司 文学部
西塚 孝平 教育学部
岡野 哲郎 法学部
関  瞭介 法学部
荒井 知江子 経済学部
遠藤 寛也 経済学部
大奥 章洋 経済学部
有沢 洋希 理学部
大金 原 理学部
長谷川 拓也 理学部
櫻井 一貴 医学部
遠藤 幸奈 医学部
髙橋 舞香 医学部
梅原 典子 歯学部
杉山 恭子 薬学部
瀧田 千秋 工学部
兎内 龍也 工学部
小泉 幸熙 工学部
伊藤 拓海 工学部
川本 弘樹 工学部
林  謙汰 工学部
伊東 達矢 工学部
甘粕 裕明 工学部
大嶋 健資 農学部
平野 伶奈 農学部

修士

川守田 聖矢 工学研究科
笹山 知嶺 工学研究科
戸村 勇登 工学研究科
長洲 航平 情報科学研究科
小山 卓耶 医工学研究科

博士

石田 雄樹 文学研究科
盛下 真優子 教育学研究科
根岸 謙 法学研究科
中尾 公一 経済学研究科
直江 央寛 理学研究科
髙浦 大雅 理学研究科
熊本 淳 理学研究科
吉本 崇志 理学研究科
大山 宗馬 医学系研究科
島 彦仁 医学系研究科
蔡 優広 歯学研究科
浅川 三喜 薬学研究科
山田 脩裕 工学研究科
淺田 啓幸 工学研究科
佐々木 渉太 工学研究科
覃 宇 工学研究科
大橋 美和 農学研究科
ソマイエ ファサリ 国際文化研究科
上野 嶺 情報科学研究科
田中 良弥 生命科学研究科
大柳 良介 環境科学研究科
李 璿熙 教育情報学教育部

総長研究支援技術賞受賞者(平成29年度)

優れた研究支援を行い研究成果の創出に顕著な貢献があった技術職員を表彰するものです。

氏名・団体名職名等授賞題目受賞理由
理学研究科
機器開発・研修室
先端的機械工作技術による機器開発への貢献 設立以来92年、組織の根幹をなす創意工夫と温故知新の心を継承し、先端的機械工作技術を駆使し、特に物理学専攻の超高分解能スピン分解角度分解光電子分光装置、地学専攻の宇宙実験装置の開発、ニュートリノ科学研究センターのカムランド建設等、多大な貢献を果たした。
工学研究科 技術専門員
阿部 茂樹
プログラマブルデバイスを用いた最先端回路設計に関する研究支援 再構成可能デバイスを用いた研究支援として、自己修復機能を有するLSIのシステム設計・開発・指導あるいは本学と産業総合技術研究所との暗号ハードウェアプロジェクトにおいて国内外100を超える大学や研究機関で利用されている暗号LSI評価ボードの開発に多大な貢献を果たした。
電気通信研究所
ナノ・スピン実験施設共通部
最先端スピントロニクス素子の研究開発に対する技術支援 電子線や紫外線を用いた極微細リソグラフィーに関する技術支援により、世界最小磁気トンネル接合(MTJ)素子の開発や、人工知能用スピントロニクス素子の世界初の動作実証などにおいて大きな貢献を果たした。

学友会長賞受賞者(平成29年度)

入部から卒部までの間の成績が優秀である当該年度卒業生を表彰するものです。

塩野 一毅 男声合唱部
平沢 遼 映画部
山口 恭正 吹奏楽部
鳩原 翔 硬式野球部
小林 隆嗣 オリエンテーリング部
廣瀬 明日香 アーチェリー部
小林 丈晃 レーシングカート部

東北大学藤野先生記念奨励賞受賞者

東北大学に在籍する中国からの優秀な大学院留学生であって、今後飛躍的な活躍が期待される留学生を表彰するものです。

授賞年度氏名部局
平成29年 黄婷婷(こうていてい) 経済学研究科
李文娟(りぶんけん) 理学研究科
張姝(ちょうしゅ) 医学系研究科
温大尉(おんたいい) 工学研究科
平成28年 盛福剛(せいふくごう) 経済学研究科
李静(りじん) 理学研究科
陸雪琴(りくゆききん) 工学研究科
李関喬(りかんきょう) 環境科学研究科
于凱鴻(うがいこう) 医工学研究科
平成27年 李月珊(りげつさん) 文学研究科
薛婧(しゅえじん) 理学研究科
郭威(ぐおうぇい) 工学研究科
王鵬飛(おうほうひ) 情報科学研究科
樊涌(ふぁんよん) 環境科学研究科
平成26年 遅皎潔(ちきょうけつ) 文学研究科
干磊(うれい) 医学系研究科
劉恢弘(りゅうかいこう) 工学研究科
王慶偉(わんちんうぇい) 生命科学研究科
呉暁勇(うーしょうよ) 環境科学研究科
平成25年 彭寧寧(ぽんねいねい) 理学研究科
孫舒嵐(そんしょらん) 医学系研究科
許斌(しゅびん) 工学研究科
平成24年 浦正寧(ほせいねい) 経済学研究科
桂沛君(けいはいくん) 医学系研究科
陳凱幼(ちんがいよう) 工学研究科
劉家佳(りゅうじゃじゃ) 情報科学研究科
果崇申(かすうしん) 環境科学研究科
平成23年 朱华(しゅか) 理学研究科
浩日勒(ほるろ) 医学系研究科
趙暁麗(ちょうしょうれい) 工学研究科
温磊(うぇんれい) 生命科学研究科

澤柳記念賞(澤柳政太郎記念東北大学男女共同参画賞)受賞者

「澤柳記念賞」は、男女共同参画社会をめざす活発な取り組みの一助となるよう、アカデミアにおける男女共同参画の先駆として各分野で活躍し、多大な貢献をなした方々を選考し顕彰する制度です。

授賞年度氏名・団体名職名等受賞部門受賞課題名
平成29年 小川 眞里子 三重大学 名誉教授 本賞 科学技術とジェンダー:歴史と展望の探求
古山 陽一 国際医療福祉大学 成田看護学部 助教 奨励賞 看護学分野における若手男性研究者として男性のケアワーク参画を支援する先導的活動
平成28年 名古屋大学男女共同参画室 本賞 大学における男女共同参画推進事業のモデル化による国際的拠点化
平成27年 大坪 久子 日本大学薬学部・薬学研究所 上席研究員 本賞 日本の理工系女性研究者支援を牽引した先導的活動
新大Wits(しんだいうぃっつ) 奨励賞 "新大Wits"による出前授業活動から生まれた男女共同参画多世代キャリア教育
平成26年 辻村 みよ子 明治大学法科大学院 教授 本賞 日本の男女共同参画社会の推進を牽引する先導的活動について
SA輝友会(エスエーきゆうかい) 奨励賞 東北大学サイエンス・エンジェル(SA)修了生による男女共同参画推進の取組み

沢柳賞(東北大学男女共同参画奨励賞)受賞者

「沢柳賞」は、東北大学における男女共同参画を推進するため、男女共同参画に関連する研究や活動を行った人及び団体を表彰するものです。

平成18年吉田 浩経済学研究科助教授研究部門

授賞年度氏名職名等受賞部門
平成24年 アロナ 経済学研究科
「留学生・研究者の出産・育児を支援する地域・大学協働プロジェクトチーム」代表
活動部門
平成23年 朝倉 京子 医学系研究科教授 研究部門
平成22年 茂木 洋平 法学研究科博士課程後期 研究部門
阿部 比佐久 理学研究科再雇用職員 プロジェクト部門(特別賞)
久利 美和 理学研究科助教
村上 祐子 理学研究科准教授
平成21年 下夷 美幸 文学研究科准教授 研究部門
青葉理学振興会 活動部門
女性と労働研究会 プロジェクト部門
山崎 都 病院 医員 活動部門(特別賞)
平成20年 東北大学川内けやき保育園保護者会 活動部門
トゥルムンフ オドントヤ 環境科学研究科博士課程学生 プロジェクト部門(特別賞)
平成19年 齊籐 綾美 教育学研究科特別研究員 研究部門
阿部 未央 法学研究科博士課程学生 研究部門(特別賞)
工学研究科 機械・知能系男女共同参画推進委員会
同WGおよび女子学生交流会学生スタッフ
活動部門
尾崎 博美 教育学研究科博士課程学生 プロジェクト部門
八木 美保子 教育学研究科博士課程学生
水原 克敏 教育学研究科教授
生田 久美子 教育学研究科教授
ヤマモト ルシア エミコ 文学研究科専門研究員 プロジェクト部門(特別賞)
遠山 智子 理学研究科教育研究支援者 活動部門
鈴木 美智子 理学研究科教育研究支援者
玉江 京子 理学研究科助手
海老原 孝枝 病院「子育てに関る女性医師の会」代表 活動部門
橋本 鉱市 教育学研究科助教授 プロジェクト部門
このページの先頭へ